成長期って何歳まで?何が大切なの?

日本人の成長期って何歳から何歳までなのでしょうか?

一般的には女の子で小学校高学年~中学生、男の子では中学生~高校生と言われています。医学的には骨に骨端腺(軟骨が骨に変わる境目)があるまでとされています。

つまり、身長だけの成長期をみれば、生まれてから大体高校生くらいまでが身長の伸びる時期と言えますね。しかし、成長期には個人差があり、もちろん身長の伸びるタイミングや伸びる量も人によって違います。

それでも、身長を伸ばしたい!というお子様は多いと思います。そこで、それぞれのお子様の成長を最大限発揮できるように、成長期に必要な3大要素を見てみましょう。

成長期に必要な3大要素

成長期に必要な3大要素は「睡眠・運動・栄養」です。それぞれ詳しく見ていきましょう。

睡眠

睡眠時に成長ホルモンが大量に分泌されるといわれています。この成長ホルモンを確保するために、22時頃までに睡眠に入れるのがベストです。

睡眠時間も7~8時間取れると良いでしょう。寝る前にスマホやテレビを見ない・夕食や夜食は寝る2時間前まで・寝る前にお風呂に入るといったことをすると、質の良い睡眠をとることができます。

運動

適度な運動をすることによって、睡眠中の成長ホルモンの分泌を促してくれます。過度な運動や自分の体に見合わない運動はさけましょう。

体育の授業でしっかり体を動かしたり、ウォーキングなどの有酸素運動程度でよいです。

栄養

成長期に必要な栄養素は、カルシウム・マグネシウム・ビタミン軍・アミノ酸・亜鉛などなど…たくさんの種類を必要とします。

毎日3食バランスのとれた食事というのが理想ですが、外食やジャンクフードの普及により難しいのが現状です。また、無理なダイエットなどにより栄養不足のお子様も多くなっています。

栄養は食事からだけでは摂れない?

睡眠や運動・最低限の食事などは日々の生活習慣の改善で整ってくることはあるでしょう。しかし、栄養を摂取するという面では最低限の食事では補えなくなってきます。

思春期の女の子に多いダイエットや、ジャンクフードの食べ過ぎにより栄養不足を起こしているお子様も少なくありません。

そんな時は、無理に食事の量や質を変えてストレスをためるのではなく、1日3食食べれる量を食べて、栄養補助食品や成長期応援サプリメントなどを活用して栄養素を補ってみてください。

お子様の食に対しての不安やストレスだけでなく、親御さんの不安も軽減されることと思います。

栄養補助食品などを活用しつつ、三大要素をしっかり押さえて成長期を過ごしてみてくださいね♪